現代でもひな人形を飾る家は多い|今の時代に合ったひな祭り

ガール

子供の成長を願って

ひな人形

昨今のひな祭事情

3月3日のひな祭りと聞いて誰しも頭に浮かべるのがひな人形です。もともとは古い時代に、貴族階級の女の子たちが「ひいな遊び」と呼ばれている、神の人形を使ったおままごとと、「上巳の節句」において「ひとがた」と呼ばれる人形を川に流して厄払いする風習から生まれたものでした。江戸時代になるころには、人形を作る技術の発達によって、より精緻なものが創られるようになり、やがてひな人形を流すのではなく飾る方向へと変わって今の様式となってきたようです。現在では、女の子のいる家庭において、節分の翌日くらいから3月中旬くらいまでの間、部屋に飾って子供の成長を願うものとなってきました。伝統的なものだけでなく、昨今では流行のキャラクターを使ったユニークなひな人形も登場しており、そういったものが多くの人気を集めています。

伝統と流行

ひな人形を販売している企業の調査によると、ひな人形を購入する約6割は女の子を持つ親であり、その次がその祖父母となっているそうです。また特徴としては、祖父母の場合、伝統的な雛人形を購入することが多いのに対し、女の子の親の場合は、アニメやマンガ等の有名なキャラクターを使ったひな人形といったような、子供に受けが良いものを購入する割合が多くなっていました。企業もそうした流行を読み取りながら次々と新しいひな人形を送り出し続けています。また少子化が危惧され、伝統が忘れ去られる傾向が強まる中、企業においては消費者を惹きつけるための様々な努力を続けており、中にはセミオーダーに対応していたり、人形のサンプルを送ってくれるというサービスも登場しています。

おなじみの縁起物

五月人形

破魔弓は、非常に古くさかのぼれる由来を持っています。魔を打ち破り、払い除き、幸多かれとの昔からの多くの人々の心から今に伝えられてきました。現代人も、そうした歴史や昔の人々の心を尊重し、大事にしていきたいものです

詳細を読む

喜ばれる入学祝いを贈ろう

子供たち

お孫さんに入学祝いを贈りたいときは、ランドセルを選ぶと、お孫さんはもちろんのこと、親御さんにも喜ばれます。ランドセルを贈るときは早めに準備を始めてゆったり選びましょう。高品質なものを選ぶと壊れることなく、6年間持ち続けることが可能です。また、お孫さんが好きな色やデザインを確認した上で選ぶと安心です。

詳細を読む

無事な成長を願って

五月人形

奈良時代に、無病息災を祈って始まったとされる端午の節句。時を経て江戸時代より武家だけでなく庶民の間にも広まり、男の子の健やかな成長を祈る様になりました。お子様やおさんと五月人形を囲んで、ぜひ端午の節句のお祝いをしてみませんか。

詳細を読む