おなじみの縁起物|現代でもひな人形を飾る家は多い|今の時代に合ったひな祭り

現代でもひな人形を飾る家は多い|今の時代に合ったひな祭り

親子

おなじみの縁起物

五月人形

魔を払い除くための弓矢

破魔弓とは、読んで字のごとく魔障を破り、払い除くための弓のことです。浜弓と書かれる場合もあります。はまは、ワラやカズラなどで作られた輪をあらわす古い言葉です。それを的にして小さな弓矢を用いて射止める競技・遊戯が古くから行われていたということです。この競技または遊戯は、お正月に年占として行われることもあったといいます。破魔弓自体も、平安時代ごろには邪気払いや魔除けになると考えられていた桃の木で作られていました。はまを空中に投げたり、地面に転がしたりなどし、そこを弓矢で射たりまたは突いたりしてその結果から吉凶や勝ち負けを判定していました。はまは、的だけではなく、その競技・遊戯そのものを指し示す言葉でもあったそうです。いつのころからか、破魔の字を当てるようになりました。

由緒正しく縁起の良い飾り

現代でも、破魔弓は、日本人にはおなじみの人気のある縁起物です。新築の家の上棟式に、鬼門の方角へ向け、棟の上に破魔矢と一緒に立てられることもある物です。ちなみに、破魔矢はお正月に多くの神社で授けられています。もちろん、破魔弓は、縁起の良い飾り物や贈り物のひとつでもあります。江戸時代には、すでにそれぞれの家庭での縁起物として飾られていたということです。特に、男のお子さんのいるご家庭へのお正月に贈るおもちゃから発展し、後には、初正月・初節句祝いの贈り物ともなりました。健やかに育ち、強くたくましい人になってほしいとの贈る人の気持ちが込められています。人形メーカーさんでは、多種多彩な意匠をこらした破魔弓飾りを販売しています。